住宅ローン地獄の我が家

主人年収600万、妻である私は専業主婦で子供2人います。

この年収になるまでには物凄く少ない年収の中でやってきました。時には主婦でも借りられる金融でお金を借りていたこともありました。※専業主婦でも借りられる金融※夫に内緒で借りれる金融業者を知ってる?

現在は夫婦29歳です。2年前に家を購入したのですが若かったこともありかなり無謀なローンを組んでしまい、そんなに年収があるわけではないのに、頭金なしで3500万円の35年ローンでだいたい月々11万の返済です。

それはもうかつかつです。だいたい月35~40万の手取りで、ローン返済を引くと24万から30万の手取りです。そこから学資を含む4万の保険代、光熱費平均3万、携帯1万6千、食費3万、雑費1万、主人小遣い3万5千、ガソリン1万、その他1万を差し引いた5万~10万を貯蓄しています。これだけ聞くと結構貯蓄出来てると思われますが、子供2人の教育費の積立、老後の貯金、新車積立、家の修繕費積立、ローン繰り上げ返済積立を考えると全く足りません。

さらに車、家を所有してると税金もかかるので、ボーナスまるまる貯金するのは難しいです。今未就学児二人を抱えてるので働くのも難しいです。

保育園激戦区の地域なのもありますが。働けないとなると、やはり節約です。まずなるべく買い物には行きません。絶対に余計なものを買います。あとは余程の天気の悪い日以外はなるべく外にいます。光熱費の節約になるうえに、外にいると子供は喜びますので一石二鳥です。夜も早く寝てくれるので、寝たあとにいくらでも家事出来ます。あとは安い食材をいかに美味しく見せるかです。今はインターネットもあるのでレシピ考えなくても検索すればどうにかなります。節約はなかなか目に見えた成果がでないので、ストレスになりますので私は節約に加えて小銭貯金してます。500円貯金と365日貯金です。だいたい1年で10万以上にはなります。我が家ではこれが旅行代です。自分達のお金なのに得した気分になるので、日頃の節約や育児のストレスが吹っ飛ぶのでオススメします。

我が家は3人目の子供を考えると言う更なる無謀な事を考えてるので更なる節約に貯金に精を出すつもりです。

 

キャッシング審査の内容とは?

申込んだキャッシングの審査のなかで、勤め先に業者から電話が来るのは、回避できません。この行為は実は在籍確認といって、先に提出済みの申込書に記載した会社などに、偽りなく勤続しているのかどうか確かめるために、勤務先の会社に電話でチェックをしているのです。
借りた金額のうち銀行からの部分は、最近よく聞く総量規制の対象外なので、カードローンなら、銀行にお願いするのが無難です。要は借金する場合に、本人の1年間の収入の3分の1以上になる金額については、原則新規借り入れはダメだというものなのです。
多数の表記がされているのはたぶんキャッシングという言葉とカードローンでなはいかと思われるのです。キャッシングとカードローンはどんな点が異なるのなんて問い合わせがたくさんの人から寄せられましたが、詳しいところまで突き詰めて言うと、借りたお金の返し方に関する点が、若干の差があるといった些細なものだけです。
何らかの事情で、30日間という決められた期間以内に返すことが可能な額までの、借入を申し込むことにするなら、一定期間は利息払わなくてもいい無利息でOKのキャッシングを利用して借りてみるのもいいでしょう。
勿論便利なカードローンというのは、利用の仕方を誤ってしまっていると、多重債務につながる要因になる場合もあるのです。身近になってきましたがやはりローンは、借り入れには違いないということを決して忘れてはいけません。

ものすごい数があるキャッシング会社の判断のもととなる審査項目というのは、利用したいキャッシング会社が決めたやり方で差があります。銀行系のカードローンは通りにくく、信販関連と言われている会社、流通系の会社、ラストは消費者金融系の順に審査基準が緩やかになるのです。
申込を行う際の審査という言葉のイメージのせいでとても大変なことのように考える方が多いのかもしれないのですが、大丈夫です。通常は定められた項目について確認するなど、全てがキャッシング業者側が進行してくれます。
キャッシングを受けるための審査というのは、キャッシング会社が利用しているJICC(信用情報機関)で、キャッシング希望者の融資などに関する実績及び評価などを確認しています。つまりキャッシングでお金を貸してほしいなら、先に審査に通らなくてはいけません。
今回の融資以前に、返済の遅れや自己破産などの問題を経験しているのであれば、キャッシングの新規申込審査を行って合格していただくことは決してできないのです。要するに、審査においては過去も現在も本人の評価が、良しとされていないようではいけないわけです。
普通ならば仕事がある社会人だとしたら、事前審査を通過することができないなんてことはほぼ100%ありえません。正社員でなくてもアルバイトやパートの方も望みどおりに即日融資の許可が下りることが大多数です。

キャッシングですが、銀行系の会社などの場合は、かなりの割合でカードローンと使われているようです。広い意味では、申込んだ人が、各種金融機関から現金の貸し付けを受ける、小額の融資を指して、キャッシングと呼んでいるのです。
カードローンの事前審査の際に、在籍確認というものが実施されているのを知っていますか。全ての申込者に行うこの確認はその申込人が、提出されている申込書に記載した勤務先で、そのとおりに働いているかどうかを基準に従ってチェックするためのものになります。
同じようでも銀行関連のいわゆるカードローンについては準備してもらえる最高金額がかなり高めになっている上、金利は逆に低く設定されています。でも、事前の審査が、消費者金融系によるキャッシングと比較して厳しいことが多いのです。
検討しているのがどの系列の会社による、どういった魅力があるカードローンなのか、という部分もよく見ておきましょう。いいところも悪いところも比較検討して、利用目的に合ったカードローンがどれなのかを見つけることが大切です。
申込の際に業者が一番重視している審査にあたっての条件は、なんといっても融資を行う予定の個人の信用に関する情報なのです。今までにローン返済の関係で、遅延、未納、自己破産などの事故が記録されていれば、今回の申込については即日融資での貸し付けは絶対に不可能なのです。

私は整形ローンを組んだことがあります。

その時も上記のようなことを把握したうえでお金を借りましたよ。

 

 

電車内で最近驚いたこと

私は子持ちの主婦なのですが、久しぶりに電車に乗りました。

子連れなので、ベビーカーを持っていこうかどうか迷いましたが、電車内で混雑している中でベビーカーは嫌がられると耳にしたことがあるので、やめておきました。

私たちが電車に乗り込んで一息ついているところに、次の駅から同じく子供を連れたお母様のグループが乗ってきました。

その光景にびっくり。当たり前のようにベビーカーを開いたまま、しかも子供を乗せたまま数人で乗り込み、入り口付近で輪になりそのままおしゃべり。

後から乗ろうとした人も一瞬止まって、別のドアから入らなければならない始末で、同じ母親として、あれはどうなんだろうと思いました。

子連れなので、仕方がないといえばそうなのですが、もう少し遠慮というか、配慮が必要なのではないかなと感じ、驚いたことでした。